Two jumps in a week

サラリーマンシクロクロッサー(底辺)

シクロクロス千葉 (2016/02/07)

f:id:zek5820:20160209014427j:plain

リザルト

C4-1 19位/56人(29.4%)

レースレポート

ギリギリ上位30%に食い込むことはできたが、昇格を目指すとなればまだまだ上は高い。

先週の湘南から打って変わって晴天ドライコンディションでドリフト天国。
『マイルドシクロ』の触れ込みの本レースだが、正式なAJOCCレースであり上位に入賞すれば昇格のチャンスがある。
降車が必須となるようなセクション(シケイン)が一切無かったのだが、そこは大丈夫なのだろうか・・・?

乾いた土の上に無数の小石が浮いたダートラコースは、容易に前後輪のグリップが抜けたが、
広いコース幅と緩いアップダウンの組み合わせはカテ4でもスピーディーにレースを展開でき、まさにダートクリテリウム、あるいは"ハイスピードダート"の様相を見せた。

CX東京の先取り(大博打)で前後シラクサンドで望んだが、試走でフロントが抜けて激しく落車。
ノブの必要性を痛感し、1/23の茨城でカテ3に昇格した藤岡氏の前輪(Challenge CHICANE)を借りて本番に出走した。
前輪の交換は読みがあたり、試走でグリップの抜けた場面でも踏ん張りが利き、大きな落車なくレースを終えることができた。
このコースならCGCXの方が相性が良かったかもしれない・・・。

良かった点
  • 試走でスリッピーなポイントを把握し、本番で大幅に遅れることなく対処できた。また、タイヤ交換も功を奏した。
  • いくつかのコーナーで自分のラインを作り、思ったとおりのオーバーテイクをすることができた
改善点
  • 平坦区間をビビって踏み切れず差を詰められなかった。
  • スリッピーなコーナーをビビってドアンダーで突っ込んでしまった。バイクを立てた上で小回りする練習が必要。
  • 立ち上がりはコーナー淵までもっと攻めてトラクションを稼ぐべき。ミニキャンバーで練習。

ドリフト天国 2016年 02 月号

ドリフト天国 2016年 02 月号